• カテゴリー別アーカイブ テニス
  • 夫婦で共通の趣味って素敵ね

    私の両親は物凄く仲が悪い、ということでもないけど、見ている感じだと必要最低限の会話しかしていないような感じがします。

    これってもしかしたらすごく普通のことなのかもしれないけど、二人がニコニコと笑顔で会話をしているのって見たことないかも。

    でも友達のご両親はすごく仲が良くて、週末になると一緒に出掛けるそうなんですよ。

    夫婦で共通の趣味があるみたいで、天気が悪くなければスポーツをしていると聞いてビックリしました。

    体を動かすことが好きということにも驚きなんだけど、共通の趣味があるのって素敵ですよね。

    私の両親は父がゴルフ、母が無趣味なので一緒に出掛けることってないかな。

    確か昔、一緒に旅行に行ったことがあるけど、それ以来一緒に出掛けてないらしいので、旅行先で何かあったのかもしれませんね。

    確か私の友達にも旅行中に旦那さんと喧嘩をして、それ以降相手への気持ちが変化したって聞いたことがあります。

    どんなことが起こったのかはわからないけど、それを乗り越えるのが夫婦なんじゃないかな~なんて思ったり。

    父が母にゴルフを教えたりすればいいんだろうけど、元々体を動かすことが苦手な母には難しい話かな?

    子供の頃、母と一緒にバドミントンをしたこともあったけど、ラリーがほとんど続かなかった記憶があります。


  • スニーカーが増えてきちゃった

    流行りってこともあるんだけど、下駄箱の整理をしてビックリしたのが、自分が思っていたよりもスニーカーの数が多いということ。

    好きなメーカーがニューバランスなので、その靴だけでも3足はあるかな?

    後はプチプラのスニーカーとかアディダスとか。

    スニーカーって運動をするときに履くってイメージが強かったから、今まで敬遠していたんだけど、ファッション雑誌を見ていると、すごく素敵なコーディネートをしているのが多くて。

    歩きやすいし足も疲れにくいから履きやすいんです。

    もっと早くからスニーカーをコーディネートに取り入れていれば良かった・・・って思っちゃいました。

    ヒールのある靴だとどうしても足が疲れちゃうし、セールとか沢山歩くことがわかっている日にヒールって勇気がいるんですよね。

    その点でもスニーカーならそこまで足も疲れないし、謝って他の人の足を踏んじゃったりすることもないから、すごく助かっています。

    もちろんスポーツをするときには欠かせないアイテムだけど、最近はデザインもすごくかわいいのが多いので、ファッションアイテムとしても欠かせなくなりそうです。


  • 軟式と公式があるのね

    野球が大好きでハマって見ているという感じでもないけど、高校野球はなんとなく見てしまいますね。

    プロももちろんすごいんだけど、高校球児が頑張っているのを見ていると、なんとなく自分も頑張らなくちゃって。

    でもこの前初めて知ったのですが、野球にも軟式と公式があるんですね。

    恥ずかしながらつい最近まで知らなかったんです。

    スポーツ音痴だし興味もなかったから仕方がないと言えばそうなるのかもしれませんけどね。

    確か野球の他にも軟式と公式に分かれているスポーツがあったと思うんですけど、全く思い浮かびません。

    こういうのって一般常識的なことなのかなぁ。

    だとしたらこれもこれで恥ずかしいことになると思うので、もうちょっとスポーツに関心を持った方がいいのかも。

    面白そうなスポーツがあったら観戦してみるのもいいかもしれないし、もうちょっと視野を広げてみようかな。

    そうすれば、今まで全く興味がなかったことにも興味が出てくるかもしれないし、もしかしたら「やってみようかな?」ってなるかもしれませんしね。


  • スポーツ選手の減量から知る、健康的な体重管理とは?

    体重管理なスポーツ種目があります。体重を落とす方法は選手によっても異なりますが、ふだんから体重を少なめにしておくと、本番前に慌てなくて済みますね。

    試合前の減量が科せられるスポーツ選手は、極論かもしれませんが、体重計に乗るときに数値をクリアできればいいという考え方になります。具体的には、計量前に絶食をするとか、下着を調整するとか、その場に即した対応方法もあります。しかし、それらの方法は、健康的に体重を落とす方法でないことは、現役選手もアピールしています。

    女性の場合は、男性と比べると体重が落ちにくいといわれています。また、短期間に集中して体重を落とす・元に戻すを繰り返すと、体のためにもよくないですね。特に、将来的に妊娠を希望する場合は、現役時代から体重管理をきちんと行っておくことが大切です。

    また、毎朝の体重測定を日課にしている人もいますが、測定時の条件を同じにしていないと、数g単位の変動があって当然ですね。だから、そのような数値に心揺らぐことなく、どっしりと構えて体重管理できることが望ましいといえます。